マンション西側ベランダの盆栽生活。
盆栽

盆栽の基本的な作業

水やり

水やりは、基本中の基本と言われています。盆栽の修業をする方々の間では「水やり3年」とも言われており、それほど大切な作業です。季節ごとに水やりの回数は違います。また、鉢の大きさによっても回数は異なります。小さな鉢はとても乾きやすく、水が枯れてしまうと、盆栽も枯れてしまいます。

基本的には、土が乾かないように水をあげることです。表面が湿っていても、鉢の中の方まで水分が行き渡っているかは見ただけではわかりませんので、鉢を持ち上げるなどして確認を行うと良いです。鉢の下から水が流れ出るくらいまでしっかりと与えてください。水と空気を入れ替えるイメージで与えてください。また、必要以上にやりすぎるのも注意です。枝が伸びすぎたり、根が枯れる原因もなります。

水やりの方法は、じょうろなどでやさしく根元にあげてください。ホースなどで水圧が強いと土が流れたりします。夏場は盆栽の頭からシャワーを浴びさせる葉水をさせると、秋の紅葉がきれいになったり、ダニの防止にもなります。また、土が詰まってきた鉢は、時には鉢ごとバケツにつけて鉢から気泡が出なくなるまで漬けたりもします。コケ玉や小さな鉢もこのような方法で行います。小さな鉢では、砂を敷いた上に鉢を置いて水枯れを予防したり、ビニール袋に包み旅行中の水枯れを予防したりもします。

1日に2~3回(葉にも葉水すると良い)
2日に1回
春・秋 1日に1回

夏場の葉水

植え替え

植え替えも大切な作業です。2年に一回は植え替えをすることが必要です、盆栽によっては1年の一回は植え替えを要するものもあります。植え替えをする理由は、小さな鉢の中で育つ盆栽ですから、鉢の中では根がいっぱいになり、土と根の隙間がなくなり、水も空気も通さなくなります。水や空気が通らないという栄養が行き渡らないことと同じです。根が枯れたり、根が病気になり盆栽は枯れてしまいます。水をあげても土に水分が吸収されていないようでしたら、根が詰まっているかもしれません。

植え替え時期は、基本的は3月~4月頃の春に行います。新しい根が出始め前に植え替えます。樹種により違いがありますが、新芽が出始めた頃が目安です。また、秋に植え替えをするものもありますので、樹種ごと確認をすることが大切です。植え替えは木に負担を要する作業です。植え替えと葉狩りや芽摘みなどを同時に行うことは、かなりに負担となりますので、時期を選んで行います。

芽摘み・芽切り・葉狩り

この作業は、盆栽をつくるうえでとても大切な作業となります。盆栽らしさは、ここから生まれると言ってよいかも知れません。小さな枝ぶりや、小さな葉っぱとなっているのは、この作業があるからです。作業は主に、新芽が出てきてから行います。枝や葉によって力をつけたいところ(伸ばしたいところ)と勢いを抑えたいところを見極めて、作業を枝や葉ごとにずらして行います。具体的に説明をしないと大変にわかりにくいところではあります。

剪定

剪定は木の形を決める大切な作業です。木の理想的な形につくっていくは、芽摘み・芽切りも木の形を整えていく上では大切で、ある意味剪定と似ているところはありますが、剪定は思い描いている木のイメージを作っていく作業です。剪定を行う前に切る枝を見極めて、将来どのように成長していくかをイメージすることが大切です。

また、忌み枝(いみえだ)と呼ばれる好ましくない枝がありますが、これらは早めに切って適切な処置をします。忌み枝には、交差枝、車枝、腹枝、立ち枝、下向き枝、かえる叉、向かい枝、平行枝、逆枝、腋枝、かんぬき枝などがあります。

針金かけ

樹形をつくるために針金を使い、枝の伸びる方向を矯正します。針金をかける目的は、樹の形をつくることと、混み合った枝のバランスを取ることで、樹全体に日照と風を行き届かせることです。針金を無理にかけると樹の内部に傷がつくことがありますので、無理に曲げることはせず、自然の流れに沿って針金をかけていくことが必要です。

また、針金は枝の矯正をするだけでなく、鉢の中の網を止めたり、植え替えをしたばかりの根がしっかりとしていない樹を根元から止めるために針金を使ったりします。

肥料

肥料は春と秋に月1回与えます。梅雨時や夏場、冬は肥料を与えません。盆栽の肥料は主に 固形肥料を使用しますが、すぐに栄養分を与えたいときは液体肥料を使用することもあります。肥料の置き方は、鉢の端に直置きをするか肥料ケースに入れて置きます。肥料の置いたところはコケが枯れるので、コケを取り除くなどすると良いです。また、水やりの際は肥料に水をかけて土に養分を行き届けるようにしてください。