マンション西側ベランダの盆栽生活。
盆栽園・ショップ

豊梢園【東京都小平市の盆栽園】

 豊梢園さんは地元密着の盆栽園

小平市にある豊梢園(ほうしょうえん)さんにお邪魔してきました。西武多摩湖線の一橋学園えきから徒歩で10分、国分寺駅からも15分はかかる距離にあります。

豊梢園さんを訪ねた時には、店主さんと息子さんらしいお二人がいらっしゃいました。息子さんが今は盆栽のお手入れをさるているのでしょうか。奥の作業部屋で作業中でした。大きな盆栽の作業をしながらも、挨拶をしてくれました。

大型盆栽から小品盆栽までありますが、少し盆栽は荒れており、値段も付いておらず販売してくれるのかわかりません。ポットに入った素材(盆栽苗)は値段があり、松伯類から雑木類、実物類とあります。また、道具から鉢、用度まで、こちらではそろいます。 ネットの販売はなさそうです。ホームページもありません。

豊梢園さんinstagram

お店の様子

お庭

お店の外観は昔ながらの園芸店の雰囲気を漂わしておりますが、ここは盆栽園です。敷地は広く、敷地の奥には大きな盆栽が沢山ありました。だいぶ棚の回りは草で生い茂っていましたが、数にして数百はあるかも知れません。中品盆栽から小品盆栽を中心に多くの盆栽が並べなれてきます。また、店舗建物の前に販売されている苗は、私が訪れた時は、素材となる松や檜などの松拍類が多く、その他に雑木類や実物類がありました。お値段も手頃でいい素材を見つけるには楽しいです。

店内

店内には、鉢から道具、土、肥料と全てがこのお店で揃います。鉢は安価なものが中心ですが、ショーケースに並べられているミニ鉢は古典的でありながら、掘り出し物を見付ける感覚で探して見るも楽しいかもしれません。

店内の奥には展示の場所となる広い部屋があり、会員さんの展示会などをここでやっているそうです。丁度、お店を訪ねた前日まで会員さんの展示会をやられていたそうです。その他にも、こちらの会員さんの展示は小平市文化会館?で11月25日に行われるそうです。小平市が主宰する小平市民祭りと言う催しの中で、様々な出展があるのですが、盆栽展示もその中の1つにあるそうです。ずいしょうえんさんは地域密着の盆栽園さんという印象です。小平市民祭りで盆栽の展示をされているそうです。2018年は11月25日です。盆栽教室もやっており、地元の会員さんに慕われている盆栽園さんなのだと思いました。

教室

盆栽教室という名前ではありませんが、『盆栽 豊樹会』という名前で講習会や展示会を行っています。

入会金 3,000円
年会費 2,000円
講習会 毎月第3土曜日 14時~17時
翌日曜日 9時30分~12時30分まで
講習会費 1,000円
事務局 豊梢園 042-324-3328

 

 

Twitterのichiya/falz @falz_jpさんも平成31年1月の案内をTwitterで挙げていらっしゃいましたね。画像をお借りします。

そのほか

今回、私は盆栽の素材を見に行きましたが、ミニ盆栽様に安いミニ鉢を買いました。ガラスケースに入れられたミニ鉢の外には、安価な鉢がかごに並べられてました。ミニ鉢は盆栽展示会の販売会以外ではあまり手に入れることができないため、衝動買いをしてしまきました。80円と350円でした。ホームセンターや植木屋さんではなかなか小さい鉢はありますが、豆鉢は盆栽園さんや盆栽専門のお店にしかないので、家の近くに見つかってよかったです。

小平市民祭りについて調べて見たところ、パンフレットに日本盆栽協会小平支部と書かれていました。日本盆栽協会については、全国250支部を持つ全国規模の協会てす。各支部のホームページなどはなほとんどく、なかなか各支部の実態がわからないのですが、小平支部がありどこかの盆栽園さんや個人がその支部の主体となって活動されているのかなと思いました。盆栽協会は主に盆栽愛好家さんがやっているものです。盆栽園のようなプロの方がやっているものとの違いがわかりにくいのですが、盆栽園さんは所謂プロの盆栽を造っていらっしゃるところです。協会はアマチュアの方ですが、盆栽を所有している財界の方など過去もそうそうたる人物がこの盆栽協会に関わっています。多くの人に盆栽の発展と普及を目的としているようです。