マンション西側ベランダの盆栽生活。
ブログ

ベランダの掃除 マンション盆栽の悩みや置場で気を使うこと

マンションのベランダで盆栽をやっていると悩みごとや気を使うことが色々ある

毎日の水やりでは隣の部屋のベランダに水が流れて行くことがあります。また、排水溝は共有部分になるので、隣の部屋のベランダまで水が流れていき、その後排水溝に流れていきます。
さらに、盆栽から少なからず土が流れていきます。特に植え替えをしてなくても微塵の土がベランダには残っていて、排水溝手前にはかなり土溜まってしまってます。
こうしたことも含め年末の大掃除をしました。また念願の盆栽棚も作りベランダの盆栽の管理と併せて、衛生面も見直したいものです。

排水溝の掃除

排水溝の掃除は日常的にしたいものです。1ヶ月も放置すればかなりの土がたまってしまいます。また、マンションは排水溝に土などを流してはいけません。なので、手前で取り除き掃除をするしかないのです。網などを取り付けるなどして排水溝に土が流れでないように工夫したいものです。

ベランダの床面の掃除

ベランダの床面にも細かい土がたまります。ブラシで擦ってもなかなか落ちず、汚れと一緒に年末の大掃除できれいにしたいです。床面の掃除は中性洗剤などでこすり洗い流すだけで土も汚れも落ちました。こまめな掃除を心がけたいですが、毎日の掃除は大変なものです。

棚の裏のゴミ

マンションのベランダで盆栽をやっていると、葉っぱが棚の隙間や裏側にたまります。また、ベランダは洗濯物と一緒に使っているので、糸くずやホコリも絡まりゴミがかなり溜まります。ホウキで掃き掃除をするにも毎日の水やりがあり、常にベランダは濡れている状態だと掃除も大変です。落葉の時期は気を使いますが、早めに葉狩をするなどして盆栽とともにベランダも綺麗にしたいです。

盆栽棚

今まで私はスノコの上に盆栽を置いておました。スノコ自体もかなり汚れますし、スノコに苔が生えてきます。盆栽にはあまり好ましくない苔も生えてきます。また、スノコの足の下にかなりのゴミが貯まっていました。
そのため、今年は念願の盆栽棚を作りました。盆栽の管理も含め、ベランダの環境もこれで解決できると嬉しいです。

棚の置き場の問題

パーティション

マンションのベランダは基本的には共有スペースとなります。火災などの緊急避難するときには、ベランダの左右にある壁(パーティション)を破って隣のベランダに避難をするようになっています。そのため、私のマンションのように西日しか当たらない部谷にとっては日当たりの問題は深刻です。
さらに、冬場の日当たりはベランダの一部にしか当たらず、当たっているところは隣とのパーティションがあるところだけです。日を当てるならぱの前にしか置けず、マンションの規則を守ると日当たりがないところに盆栽棚を置くしかなくなってしまいます。本当に西向きの部屋の悩みです。

霜に当たらない

ただ唯一良いことは、ベランダは霜が降りにくいことです。ベランダは庇がありますので、いわゆる軒下と同じ環境になります。冬場の管理はムロなどに入れて管理すると言いますが、余程寒さに弱い盆栽を除けば、冬場もベランダで棚に置きっぱなしで管理しても問題ありませんでした。私の家の盆栽も5年間一度もムロに入れてませんが、冬場に枯れずにきています。

洗濯物との距離

ベランダ盆栽をやっている人なら必ず経験をしたいる事があります。それは洗濯物との距離です。盆栽と洗濯物との場所の奪い合いとも言ったりもします。どちらも日当たりを求めます。しかもベランダは狭いですし、色々な盆栽を置いて経験値を増やしたいと思っても物理的にそうは出来ないのが、マンションのベランダ盆栽生活です。完璧を求めず、環境に盆栽が適応してくれるとこを期待しながら、盆栽の育ち方を見守りたいと思います。