マンション西側ベランダの盆栽生活。
ブログ

ナノブロックの盆栽がリアル【松盆栽を作った】

盆之助
盆之助
ぼくには難しかった。
みう
みう
大人のブロックだから少し難しいかもしれないね。

この、ナノブロックリアルで楽しいです。

ナノブロックの盆栽シリーズ

ナノブロックってどんなもの?

ナノブロックは株式会社カワダと言うところから発売されている、すごく小さいブロックです。小さいブロックは、縦×横×高さ=4㎜×4㎜×5㎜とピンセットを使わないと組み立てられない位の大きさのブロックです。

種類はとてもおおく、建物シリーズ、動物、車、キャラクター、そして盆栽等々です。ナノブロックは手のひらに乗る大きさのブロックでありながら、大きな建物のミニチュアが楽しめる、大人のブロックとして発売されたものです。

ナノブロック盆栽シリーズは3つ

ナノブロックの盆栽シリーズには3つあり、松、梅、デラックスエディションの松があります。

デラックスエディションはパーツが千にも及ぶ豪華版になっているそうです。私の買った松盆栽は通常版です。

ナノブロックの盆栽を作る

極小ブロック

どのパーツもとても小さく作られています。説明書を見ながら作っていきます。

パーツは余分に入っているので、なくしても大丈夫になっています。

鉢を作る

まずは土台となる鉢を作ります。

鉢と苔を幹となる部分が一部できたら、鉢は完成です。ここはそんなに難しくなかったです。

枝と葉を作る

ブロックが小さくさすがにピンセットを使わないと作れませんでした。

盆栽で使っているピンセットをナノブロック盆栽で使うことにしました。

松の葉は濃い緑と薄い緑が用意されており、とても芸が細かいです。

枝を幹に組み立てる

この松盆栽の完成形を見てみると良くわかりますが、ブロックの支えている枝がとても細いのです。ブロックのはめこみが少なくて、はめ込んでも落ちてしまいます。

そのため、接着剤が必要になりました。結構大変でした。

ナノブロックの盆栽を飾る

手のひらサイズ

手の平に乗るほどの小さな松盆栽ができました。

小品盆栽よりも小さい、ミニ盆栽の大きさです。小さいですが、松盆栽の風格もあります。

私はトイレに飾っておくことにしました。以前作った紙盆栽と一緒に飾っています。

管理がいらない

ナノブロック盆栽なので、水やりも必要ないですし、暗いところにおいても問題ないです。

家の中にずっと置いておけるナノブロック盆栽、癒しのおもちゃです。