マンション西側ベランダの盆栽生活。
ブログ

ダイソーの赤玉土は粒が大きく盆栽には使えない

みう
みう
ダイソーさんの赤玉土は、残念ながら盆栽用に使うには粒が大きいです。盆栽用のゴロ土としても大きいので、園芸用のゴロ土が合うかと思います。

ダイソーさんの赤玉土についてとても気になっていたので、買ってみました。

結論として、盆栽用としては粒が大きすぎで、鉢底のゴロ土にも使えないかなという感じでした。

ダイソーの赤玉土の特徴

100円ショップのDAISOさんには園芸コーナーがあり、各種用品が充実しています。鋏、鉢、札、じょうろ、ネット、肥料、用土などなど、一通りのものがそろっております。ものによっては十分使えるものが多く、私も重宝しております。

用土についても赤玉土、鹿沼土、腐葉土、ピートモスなど多くの用土がそろえられております。その中でも、盆栽の主用土として使う赤玉土がとても気になっていました。

お値段は割安ではない

容量は1.5リットルです。

100円ショップなので、お値段は100円(1.5ℓ)ですが、ほかの赤玉土メーカーと比べても、赤玉土としては割安ではありません

ちなみに、赤玉土で有名な二本線赤玉土や三本線赤玉土などを私は使用しています。1ℓあたりのお値段は1.5倍~1.2倍はしますが、粒の大きさ、粒の硬さという点で考えると、二本線や三本線は安いかと思います。

メーカー 値段 容量 購入場所
二本線赤玉土 408円 5ℓ 近所の島忠ホームセンター
三本線赤玉土 480円 5ℓ プランテーションイワモトネット購入
茨城県産硬質赤玉土 360円 5ℓ プランテーションイワモトネット購入


※お値段はすべて税込みです。※プランテーションイワモトさんの赤玉土は、ネット販売ですので送料がかかりました。

 

大きさは大粒

ふるいにかけて大きさを分けてみました。

あれれ?という感じでした。ほぼほぼ大粒です。大きさは1センチからそれ以上です。そして微塵も多いので、崩れやすい土なのかと思いました。

ふるいにかけても、5㎜粒以下はほとんどなかったです。

ダイソー赤玉土と二本線赤玉土の小粒と並べて比較してます

粒はやわらかめ

 

粒の硬さは、やわらかく崩れやすい印象でした。

手でつぶしてみると、粒が割れず、粉になって割れてしまいました。崩れやすい土は鉢の中で詰まりやすい土になってしまいますので、こまめな植え替えが必要土になります。

ダイソーの赤玉土の用途

園芸用のごろ土として使う

各種園芸や盆栽を育てている方には、それぞれにあった大きさの土選び方をしていると思います。ダイソーさんの赤玉土については、鉢底のごろ土としてしか使えないのかなと私は思いました。

盆栽用の用土には使えない

残念ながら盆栽用としては使いにくいという結果になりました。

特に小品盆栽(大きさ20㎝いないの小さい盆栽)には、小粒~極小粒(おおよそ6㎜~2㎜)の大きさの赤玉土を使うことが多いため、あまりにも粒が大きすぎです。

また、崩れやすい土という点でも少し使いだってが悪いかも知れません。

一度乾燥させて使うと硬くなる

DAISOの赤玉土は崩れやすかったので、1度乾燥をさると硬さが出てきます。シートに広げて数日間干すだけで、硬さが出ました。

乾燥させた後に土を割り大きさを小さくして使えば、盆栽用としても使用できるかと思いますが。しかし、手間もかかりますが、欲しいサイズの粒が1.5ℓでどれだけ取れるわかりません。欲しいサイズの粒がそろった赤玉土を買うことをおすすめします。

みう
みう
ダイソーさんの赤玉土を盆栽用途の点から、私のご意見を書きました。赤玉土自体が悪いというものではなく、大きさの問題ですので、サイズを小粒、中粒、大粒に分けて販売していただけると嬉しいですね。

 

ダイソーの園芸用品をずっと使い続けている私が選ぶ12選【これだけは買っておきたい】 盆栽生活をしておりますが、道具の多くが100円ショップダイソーさんでそろえてきました。最近は盆栽専用の道具も買うようにな...
ダイソーの素焼き鉢は使いにくかった【排水穴が小さく目詰まりする】 ダイソーの素焼き鉢は2号、2.5号、3号、4号、5号くらいまでの大きさがそろっています。 ダイソーの素焼き鉢の特徴 鉢底の穴...
ダイソーの強力マグネットがスゴ過ぎる【ちょっとした工夫でおしゃれに】 とても人気の強力マグネットですが、人気のため家の近くのダイソーさんでは売り切れになっていました。私もついつい多く買ってしまいまし...