マンション西側ベランダの盆栽生活。
ブログ

枝豆で比較実験【植物活力剤4種】メネデール、リキダス、HB101、BV

みう
みう
マリーゴールドに引き続き、枝豆でも植物活力剤の比較をしてみました。
けん
けん
今回は活力剤4種類です。色々な活力剤を使っているうちに、植物の成長の違いがなんとなくわかってきたように感じます。

植物活力剤の実験についてはマリーゴールドに続き2回目です。そのほか、トウモロコシ、ケヤキ、もみじ、かりんの挿し木(挿し芽)、切り花の比較を進行中です。

マリーゴールドで比較実験【植物活力剤3種類】メネデール、リキダス、HB-101 活力剤について色々な種類がありますので、皆さんも一度は悩んでいると思います。今回はよく目にする活力剤を使い比較しました。...

枝豆で実験1【植物活力剤3種類】


今回も以下の3種類で比較実験しました。5月11日から実験開始です。

⓪水
①メネデール(100倍)
②リキダス(1000倍~200倍)
③HB-101(1000倍)

【結果】リキダスが大きくHB-101は出だしがゆっくり

19日目 育苗最終日

左から⓪水、①メネデール、②リキダス、③HB-101

実験1では育苗までの結果としました。

理由はプランターへ定植後どの枝豆もうまく育たなかったためです。令和元年の梅雨は日照不足だかでしょうか。

【経過】発芽から定植まで

メネデール、HB-101は発芽率が悪かった

2日目で発芽

22日目 大きさ・発芽に差が出た

この時点では水に比べて①メネデール、③HB‐101の発芽率がは少々劣っていました。しかも大きさも小さい気がします。なぜだかわかりません。

摘芯断根でも活力剤を使用

22日目 摘芯断根
 
水揚げも活力剤で行ってみた
 


16日目 摘芯断根後6日目

19日目 摘芯断根9日目
 

ここでも①メネデール、③HB101が小さいように感じました。

定植後の経過19日目~50日目

19日目 定植


50日目 実験中止

西側ベランダかつ今年は日照不足なのでしょうか、全然育たずここで断念しました。花も咲かず、新芽も枯れてしまいました。

ただ、最終的には①メネデール、②リキダスが大きい様子がわかります根についても①メネデール、②リキダスも同様です。

実験の準備

2019.5.11開始

早生種(収穫まで80日)

12時間活力剤に浸水

1ポットに10粒

肥料はハイポネクス液肥を週1回

定植後の肥料は、基肥にマグファントK、追肥にハイポネクス液肥を1週間に1回与えました。

実験の方法

活力剤の与え方は、1週間に1回根元に水やり葉面散布をしました。

種の浸水を下の希釈も同様の希釈で一晩つけました。

⓪水
①メネデールは100倍
②リキダスは1000倍
③HB-101は1000倍

HB-101は豆類の種は1000倍液を10秒の浸水だけでよいと書いてありました。実験2では条件を変えて行っています。

みう
みう
実験1では最終的には水に比べて①メネデールは大きくなりましたが、始めの発芽の様子は条件が悪かったのでしょうか。実験2で再度検証です。

枝豆で実験2【植物活力剤4種】


今回はバイオゴールドバイタルを追加し4種類で比較実験しました。7月2日から実験開始です。

⓪水
①メネデール(100倍)
②リキダス(1000倍~200倍)
③HB-101(1000倍)
④バイオゴールドバイタル(BV)(100倍)

【結果】現在実験中

現在進行中です。

【経過1】発芽~定植

9日目 発芽

11日目

Hb-101については種を12時間浸水10秒浸水(手前)で分けています。

13日目

②リキダス、①メネデールの順位発芽しました。ちなみに数が少ないので、もう一つのポットと合わせて発芽後の様子をお見せします。

13日目(別のポットとあわせて)

見みにくい写真ですが、①メネデール②リキダスが少々大きくなっているように感じます。③HB‐101はマリーゴールドの時のように後半から大きくなってくるのでしょうか。

13日目で定植(マリーゴールドとともに)


①ネメデール

②リキダス

③HB-101

④バイオゴールド

【経過2】定植~

現在進行中です。

実験の準備

中生種(収穫まで約85日)

今回は中生種(収穫まで約85日)の枝豆を使ってみました。
1ポット2粒

今回は計4粒を植えました。

コンパニオンプランツと一緒に

今回は枝豆に相性の良いとされているトウモロコシとマリーゴールドを一緒に植えました。

実験の方法

活力剤の与え方は、1週間に1回根元に水やり葉面散布します。(進行中)

⓪水
①メネデールは100倍
②リキダスは1000倍~200倍
③HB-101は1000倍
④バイオゴールドバイタル(BV)は100倍

※リキダスについては、定植前まで1000倍としています。その後は200倍です。

種の浸水について(HB-101の浸水には注意)

実験1でHB-101の発芽率が悪く、HB-101のガイドブックには種類は1000倍液10秒間つけると書いてありましたので、今回は12時間浸水後に10秒間1000倍液につけて種を植えました。


HB-101(12時間浸水:10秒浸水)

12時間種をHB-101に浸水(発芽なし)

10秒種をHB-101に浸水(発芽あり)

写真がわかりにくくてすみません。HB-101について発芽の違いが確認できました。やはり適切な希釈濃度と浸水時間を知ることが大切ですね。

みう
みう
活力剤だけでは大きなさが出ないかもしれませんが、⓪水と比較して違いが違いがあるのも事実です。活力剤をどのように盆栽にも生かせるかが悩ましいところです。